■名画で『ぶるっ』の展覧会


1月24日(木)に行われた、旭川市教研図工美術部会の1月研の公開授業のタイトルである。授業会場は神居東小学校。指導者は栗林 友恵先生。
内容は、アートカードを活用した鑑賞活動である。対象は小学5年生。
作家の作品の鑑賞は初めてであり、アイスブレイクとして、岡本太郎の『森の掟』を全員で対話型の鑑賞を行う。
その後、グループ毎にカードを用いて、キーワードゲームと展覧会ゲームを行う。
2時間で扱うべき内容を1時間に圧縮して行っているので、十分に子供たちに考える時間を保証することはできなかったが、参観の先生方にとってはたいへん参考になったようである。
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

造形Online事務局

造形Onlineとは、上川・旭川管内で造形教育に携わる方を対象に情報を発信しています。

zoukeionline

検索フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

ゆっくりのんびりやってきます