■版画実技研修会を行います!

2011081601.jpg

今年度、旭川市教研では、「深める研究」と「広める研究」という2つの視点から研究を再構築しています。

「深める研究」は私たち教師自身が、授業づくりを通して、児童生徒の実態から、育てるのに必要な題材の開発や教材の研究をして、効果的な手立てを考えたり、適切な指導や助言をすることによって、目の前の子ども達を育てるための研究です。

 もうひとつの「広める研究」は、これは研究会で図画工作美術科の指導者として必要な資質や技能を身に付けたり、身に付けた成果を広げていくための研究です。
小学校で「図工の指導や絵の見方がよくわからない」と言っている先生や中学校で無免許で教えざるを得ない先生を支援するための研究なのです。
さらに、保護者や地域・社会の人々への啓発も積極的に行うという面も担っています。

今回、8月27日(土)に実施する版画実技研修会は、まさに後者の「広める研究」にあたります。
そのため、旭川市教研図工・美術部以外に旭川市内全ての小学校と上造研に所属する方々に参加を呼びかけました。そうしたところ、8月16日現在で、36名の参加申し込みがありました。
実技研修会を担当している北ブロックのスタッフを合わせると、50名近い参加者となりました。

実は、図工・美術を学びたいというニーズは、高いのだと思います。
そこを、うまくキャッチできたかな?と思っています。

この様子は、また後日お知らせいたします。


<版画実技研修会>
【と き】
2011年8月27日(土)
9:00~12:00 (受付8:40~)
【ところ】
旭川市立神居東中学校
美術室にて
【講 師】
萩 原 常 良 氏
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

造形Online事務局

造形Onlineとは、上川・旭川管内で造形教育に携わる方を対象に情報を発信しています。

zoukeionline

検索フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

ゆっくりのんびりやってきます