■附属中の研究会がありました

先週の木、金曜日の2日間にわたって附属中研究会がありました。
美術科は、木曜日に行われ、今年度異動したばかりの中井先生が授業を行いました。
今回の授業は、樹脂粘土を使った「光のオブジェづくり」でした。授業中の様子は、写真でお見せすることはできなのですが(最近の附属研は写真NGなんです)、樹脂粘土の特性を生かし、光源を入れると美しく光が透ける作品を制作していました。
樹脂粘土の特性を生かし、薄くのばしたものを形作っておいた発泡スチロールに貼り付けることで成型するという手法で作成していました。
本時では、樹脂粘土に色を練り込んで貼り付けたり、セロファンや様々な素材を用いながら工夫していました。
教室の後ろの方に出現した巨大暗室は、なかなか圧巻でしたよ。

分科会は、教育大学旭川校の大学生さん達がたくさん参加し、質問なども活発にしていました。大学生からどんどんこうやって研究会に参加し、刺激を受けることは良いことですね。

2010062901.jpg
教室に出現した暗室。ここで、実際に光源を入れたときの様子を見ながらやっていました。
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

造形Online事務局

造形Onlineとは、上川・旭川管内で造形教育に携わる方を対象に情報を発信しています。

zoukeionline

検索フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

ゆっくりのんびりやってきます