■造形まつり&ワークショップのWGがありました



昨日(2月20日)に造形まつりとワークショップに関する地域連携アートプロジェクトのWG(ワーキンググループ)が行われました。

造形まつりに関しては、3年間が終了し、次の段階に向けてどうすべきかという点で話し合いがもたれました。
美術館でやる意味のある造形体験に向けて、少しずつシフトしていこう、という方向性が示されました。

ワークショップに関しては、まだ予定ですが…
例年は、隔年開催で旭川美術館でのワークショップと彫刻美術館の中原悌二郎賞に併せてのワークショップが交互に行われていました。
しかし、次年度は、旭川美術館と彫刻美術館のワークショップを両方行うことになりそうです。
素敵な企画になりそうな予感がしますよ。
詳細が決まり次第、お知らせいたします。
関連記事

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

造形Online事務局

造形Onlineとは、上川・旭川管内で造形教育に携わる方を対象に情報を発信しています。

zoukeionline

検索フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

ゆっくりのんびりやってきます