FC2ブログ

■旭川市児童生徒作品展作品審査研修会が行われました

IMG_8727.jpg


今年度も旭川市児童生徒作品展の作品審査研修会を実施いたしました。
今年度も一次審査研修会、二次審査研修会と分けて実施しました。
一次審査研修会では、レギュレーションに合わない作品について、旭教研図工美術部員の皆さんで語り合いながら深めていきました。

IMG_8722.jpg


二次審査研修会では、市内全ての小中学校の先生方と一緒に選考しました。
およそ、2500点という作品数の中から600点を選出し、さらに特別賞を決定していきました。

旭川市児童生徒作品展は、

・会期:2月14日(木)~2月17日(日)
    ※最終日のみ16:00まで
・会場:旭川市文化会館




■今年最後のプレ研終了

11月28日(水)に比布中央小学校で,木村文香先生によるほり進み版画(6年生)の授業を公開してもらいました。
児童はスチレンボードで試しの活動の経験を生かし,生き生きと彫り進め,楽しそうに刷っている姿を見せてくれました。


次回は,平成31年1月28日(月)13:30~,東川中学校にて森先生に「想像の生き物」を紙粘土でつくるプレ研をしていただきます。
終了後,研究協議(14:30~1時間程度)を行う予定です。

■上造研のプレ研がありました



11月19日(月)に美馬牛小学校において阪部先生によるプレ研が行われました。今回のは、次年度の道北ブロック大会で行う大山先生の授業のプレ研でした。
「大すきなものがたり」という題材で、アイヌのお話を元に様々な技法を取り入れながら場面を描いていくという授業でした。
子どもたちは、自分が気になった場面を思い思いの技法を用いながら、自由にのびのびと描いている様子が見られました。

研究協議は、少ない人数ながらも多くの意見が交わされ、次年度に向けて着実に進んでいる感じがしました。





上造研関係のプレ研は、以下の通りです。

■木村文香先生による阪部先生の授業プレ研
 と き:11月28日(水)14:25~15:10
     ※授業後に事後研あり
 ところ:比布中央小学校

■森先生による東先生の授業のプレ研
 と き:1月28日(月) 13:30~14:20
     ※授業後に事後研あり
 ところ:東川中学校

■旭教研の10月研がありました



旭教研の10月研が、10月16日(火)に旭川第二中学校で行われました。

今回の公開研は、「CMを鑑賞する」という鑑賞の授業でした。
これは、実際の面白いCMを観て、それがどうして面白いと感じてしまったのか?ということについて考えるというものでした。iPadを使って、それぞれがシーン毎にどのような工夫がされているのかを見つけ出していました。



分科会では、次年度行われる第69回全道造形教育研究大会道北ブロック大会で実施予定の分科会運営で行いました。これは、助言者を立てず、授業者やファシリテーターが、小グループでの話し合いに積極的に入っていって話を広げていくというスタイルです。一人一人が、授業を見て感じたことや課題について話す機会が持てるというこのスタイルは、なかなか良いですよ。

IMG_7222.jpg


午後は、今年度の全道造形教育研究大会空知大会の題材屋台村で出店した組み紐作りを皆さんで取り組みました。
次年度の全道大会まで10ヶ月を切りました。徐々に大会までの道のりが見えてきています。ぜひ、たくさんの方々がいらっしゃることを期待しています!

IMG_8509.jpg

■「新しい学習指導要領を語り合う会@札幌」に参加してきました



10月5日に札幌の教育大学サテライトにおいて「新しい学習指導要領を語り会う会@札幌」が、行われました。

これは、文部科学省の教科調査官である岡田京子先生の講演でした。
岡田先生は、小学校の図画工作科の教科調査官をしており、新学習指導要領についても作成にかかっています。

今回のこの会は、新しい学習指導要領によってどのように授業改善をしなければならないのかという視点について話をいただきました。
旭川からの参加がたった1人だけだったのがもったいないくらいの素晴らしい内容でした。

造形Online事務局

造形Onlineとは、上川・旭川管内で造形教育に携わる方を対象に情報を発信しています。

zoukeionline

検索フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

ゆっくりのんびりやってきます